入院のご案内 入院のご案内

ホーム > 入院のご案内 > 回復期リハ入院

回復期リハ入院

患者さんの笑顔のために

千葉南病院のリハビリテーション病棟は、脳血管疾患や大腿骨頚部骨折等の患者さんに対して総勢40名のリハビリスタッフが 土曜、日曜、祝日もリハビリテーションを実施する365日体制をとっています。 全ては患者さんの笑顔のために、多職種がチームアプローチを強化し、集中的かつ総合的なサービスが提供できるように努めています。

患者さんの笑顔のために

多職種のチームアプローチ

まず食事、更衣、排泄、移動、会話などの日常生活動作(ADL)の能力向上による寝たきりの防止と、 家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを作成します。次に医師、看護師、介護職、理学療法士、作業療法士、 言語聴覚士、医療相談員、薬剤師、管理栄養士等のチームアプローチにより集中的なリハビリテーションを行っていきます。

また、千葉南病院では脳神経外科医師が中心となってさまざまなリハビリテーションを提案するという取り組みを行っています。 脳神経外科とリハビリテーションが力を合わせることにより、患者さんの回復に目覚ましい成果を挙げています。 回復期リハビリテーションによる患者さんの在宅復帰率は実に70%を越えています。
また早出(モーニングケア)、遅出(イブニングケア)への参画、ケア方法の統一対応など、 生活に密着した訓練ができるように心掛けリハビリテーションを行っています。

回復期リハビリテーション病棟の目標

  • 日常生活動作(ADL)能力向上
  • 寝たきり防止
  • 在宅復帰

回復期リハ入院から退院までの流れ

  • STEP.01 入院カンファレンス

    患者さんの状態を把握し、リハビリの方向付けを行います。

  • STEP.02 リハビリテーション開始

    病棟生活がリハビリになるようチームアプローチを行い、集約的総合リハビリを実施します。

  • STEP.03 定期的なカンファレンス

    患者さんのリハビリの目標設定、プログラム検討などを行います。

  • STEP.04 退院に向けて

    ご自宅の生活を想定した訓練、外泊訓練などを行います。

  • STEP.05 退院

    外来リハビリや訪問リハビリでフォローすることが可能です。

千葉南病院の入院の対象となる患者さん

回復期リハビリテーション病棟では下記(1)~(5)のいずれかに該当し、主として家庭復帰を目的とする方を対象としています。 リハビリテーションが目的の病棟ですので、訓練の効果の期待ができない方や症状の不安定な方、 濃厚な薬物治療や複雑な専門治療を要する方は対象とならない場合があります。

疾患転院期間
発症または手術後から入院
入院期間
(1) 脳血管疾患、脊随損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、脊椎炎、多発性神経炎、 多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚随損傷・頭部外傷を含む多発外傷の発症又は手術後 2ヶ月以内 180日
(2) 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節、2肢以上の多発骨折の発症又は手術後 2ヶ月以内 90日
(3) 外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後 2ヶ月以内 90日
(4) 大腿骨、骨盤、脊髄、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後 1ヶ月以内 60日
(5) 股関節または膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

なお、入院受付から実際の入院までに少し時間がかかります。上記の疾患の転院期限内の患者さんを対象としております。

入院をご希望される患者さん、ご家族の皆さまへ

患者さんの受け入れに関するお問い合わせは、医療相談員まで、ご連絡ください。

お問い合わせ電話番号043-292-5111(代表) 043-293-6636(直通)
FAX043-292-2068
E_mailmsw@chibaminami-hp.jp
電話対応可能な時間月曜〜金曜 8:30〜17:00
土曜日   8:30〜12:00
担当中村 友全 松田 みなみ 高木 奈央子 込山 拓也

ページの先頭へ戻る