リハビリのご案内 リハビリのご案内

作業療法士(OT:Occupational Therapist)とは

作業療法士(OT:Occupational Therapist)とは

私たち作業療法士(Occupational Therapist)は日常生活から社会生活まで幅広い分野で、 「こころ」と「からだ」の両面において「基本的動作能力」「応用的動作能力」「社会適応能力」を維持、 改善し患者さんひとりひとりがその人らしい生活を送るため、暮らしやすさを取り戻すための様々な療法、訓練のお手伝いをしています。

よく理学療法士と作業療法士との違いを聞かれますが、理学療法士が座る、立つ、歩くなどの基本的な動作に対してお手伝いすることに対し、 作業療法士はもっと日常生活を意識した、服を着る、お箸を持つ、トイレでズボンの下ろす、といったことの訓練のお手伝いをしています。

千葉南病院では作業遂行能力の向上を目指し、身体機能、認知・高次脳機能、日常生活動作(ADL)・生活関連動作(ADPL)能力の評価・訓練を行っています。 機能レベルに合わせて上肢機能訓練や食事やトイレ動作などのADL訓練に力を入れています。 在宅生活を目指す患者さんに対しては、 家屋評価・改修案のご提案や各動作案の検討・練習、ご家族指導など在宅生活を安心して再開できるようにリハビリを行っています。 また、遊びやゲームを積極的に訓練の中に組み込んでいます。

千葉南病院の作業療法の強み

  • 活気あふれる現場で、お互いに相談しやすい環境をつくっています。
  • 園芸療法、調理訓練、など季節感あふれるイベントを患者さんに提供しています。
  • 患者さんひとりひとりが目指す目標を共に達成するために実生活に近い活動をたくさん実施しています。
  • 外部研修や院内伝達講習が盛んで豊富な知識のスタッフがたくさんいます。

私たち作業療法士は、障がいを抱えた患者さんが少しでも楽しく笑顔で過ごせるように支援致します。 あらゆる疾患に対する知識や技術を高めることで患者さんの気持ちにより寄り添えるように心掛けています。 「難しいから無理です」と仰っていた患者さんが実際にやってみると「入院していることを忘れた!」「楽しくて自身が持てた」と 笑顔で話して頂けることが何より嬉しいです。患者さんが少しでも早くご自宅に戻れるようにお手伝いさせて頂きます。

ページの先頭へ戻る