リハビリのご案内 リハビリのご案内

理学療法士(PT:Physical Therapist)とは

理学療法士(PT:Physical Therapist)とは

私たち理学療法士(Physical Therapist)は基本動作の専門家として、患者さんひとりひとりが実際の日常生活を行う上で、 座る・立つ・歩くなどの基本的な動作の回復・改善・維持を目指した様々な療法、訓練のお手伝いをしています。

よく理学療法士と作業療法士との違いを聞かれますが、家づくりに例えると、土台をつくるのが理学療法、 その後の内装は作業療法と考えればわかりやすいでしょう。 作業療法士の「患者さんがご自分で服を着ることができるようにしましょう」という提案に対して理学療法士は「そのために肩の訓練をしましょう」と応じます。

千葉南病院では運動療法、関節可動域訓練(ROM訓練)、基本動作訓練を中心に行います。患者さんがご自宅に戻った時に困らないよう、 ご自宅での環境をできる限り想定し、応用能力もつけるよう訓練しています。 また、病棟では食事の際の姿勢修正のためのポジショニング、 安静の患者さんに対してはベッドサイドにて拘縮予防のためのROM訓練や褥瘡予防・安楽肢位のためのポジショニング、 座ることが可能な患者さんには座位保持訓練なども積極的に行い、二次的障害の予防にも務めています。 近年、肺炎や無気肺などになられる患者さんも増えており、呼吸器リハビリも積極的に取り入れています。

千葉南病院の理学療法の強み

  • ボトックス治療とそれに対するリハビリテーション。
  • 積極的な装具療法を行い、訓練効果をあげます。
  • 入院中の患者さんの自宅を訪問し、実際の生活を想定した訓練を行います。
  • 外部研修や院内伝達講習が盛んで豊富な知識のスタッフがたくさんいます。

私たち理学療法士は、患者さんに対して敬意を持って挨拶し、常に明るい雰囲気で患者さんに治療に専念していただけるように心掛けています。
リハビリテーションを通じて地域の皆さまへ貢献したいと考えております。

ページの先頭へ戻る